えみりん日記

えみりんと楽しい人生散歩
by EmilynM
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2007年 03月 08日 ( 1 )

恩 師

今年は桜の開花も早くなりそうですね。いよいよ春本番、何だかウキウキしてきます。

えみりんはこの間、北海道の富良野にスキーに行って来ました。それはそれは素敵なところで、スキーもアフタースキーも満喫!そして帰りの飛行機で旭川空港から羽田まで、なんとずっと晴で雲がなかったので、日本列島をずっと1時間以上、眺めることができました。
北海道の雄大な日高山脈から、ずっーと伸びている襟裳岬、そして、東北の新幹線の長い帯、東京に近づくにつれあまりにも多いゴルフ場、日本をこれほどしっかり上から見たことはありませんでした。地政学的にこれからの仕事に役立つな、と感じ、政治家の方々もこうして日本を見ておられるのかな、と期待しております!

さて、私のブログ、頻度が少なくて申し訳ないのですが、ものすごく感動したときだけ、書くことにしています。日常的にはしょっちゅう感動したり、涙したりしているのですが、こうしてブログに書きたいと思えるほどのものが現れるまで、待っています。(っていうか、単なる怠慢?)

さて、皆さんにも恩師がおられるでしょう。私にも何人かいます。
その中でも、大恩人である恩師、島田晴雄先生がこのたび、慶應義塾大学を退官され、千葉商科大学の学長に就任されることになり、慶應での最終講義とホテルでの晩餐会が開かれました。

先生の最終講義にははじめから終わりまで、感激のしっぱなして、最後には本当に涙が溢れて困りました。先生はご自分のご足跡から、福沢諭吉のお話、そして、今、また今後の日本のことについて、熱く、全身全霊を込めて、一切を包み隠さず、若者(心が若い人も含めて!)に、語ってくださいました。最後は、全員が感動で立ち上がってスタンディングオベーションとなり、会場はかつてないほどの興奮の渦となり、拍手が鳴り止みませんでした。

その後開かれた晩餐会では、竹中(元)大臣などのご来賓のご挨拶、そして美味なお食事の後に、先生自ら、カンツォーネをはじめ、何曲も歌ってくださったんです。しかも、先生のバックには、ご自身が書かれた抽象画の数々が曲にあわせて映し出されて・・。
何でも見事にこなされてしまうスーパーマンの島田先生の歌は、歌声より、そのお姿に人を釘付けにするものがありました。
端的に言うと「勇気」「チャレンジ精神」「エンターテイメント精神」
そして最後には圧倒的な「温かさ」で私たちを包んでくださいました。
そして、「元気」を与えてくださいました。
その「元気・勇気」とは、「いいんだよ、もっともっとがんばって。もっともっと楽しんで」
「新しいことにどんどん挑戦していいんだよ、君はすばらしいよ、できるよ、絶対に!」
「人生を一緒に切り開いて、楽しんでいこうよ!」

小さくなったりちょっと遠慮しがちになってしまう(こう見えても私もそうなのですよ)私たちに、
ご自身が成長を続けることで全知、全身で教えてくださっています。

私が30代後半で慶應の大学院に入学し、経済学を教えていただき、その後、国際経営を学び、同時通訳から研究者へ転身することができたのも、ほかならぬ、島田先生のおかげです。
そしてその後のいろいろな思いがけない人生の展開の基礎を作っていただきました。

私自身は取るに足らない人間ですが、こうして偉大な恩師にめぐり合えたことが、私の宝です。

「もっと大きく」「もっと前に」「もっともっとオープンに」

カンツォーネを熱唱する先生のお姿が、私たちの心に新たな火をつけてくださいました。

まごしえみこ、これからもがんばります!
そして先生のように、前向きに、恥ずかしがらずに、そして周囲に配慮しながらも、いろいろなことに挑戦していきます!

先生、ありがとうございます!
いつまでも成長を続けてください。私も後からついてまいります!

恩師にえみりんより心からの感謝を込めて
by EmilynM | 2007-03-08 15:47
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
関連サイト
こちらのサイトもご覧下さい。
馬越恵美子オフィシャルサイト
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧