えみりん日記

えみりんと楽しい人生散歩
by EmilynM
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

レーシック

本当にご無沙汰してごめんなさい。
一月に一回は書こうと思っていたのですが・・
実は9月に思い切って、レーシックの手術を受けました。
レーザーで近視を矯正するオペです。

「おめでとうございます」
手術が終わると、開口一番、担当してくださった南青山アイクリニックの坪田先生が言いました。「え?何がおめでたいの?」というのが正直な感想でした。
でもおそるおそる目をあけてみると、遠くの壁がくっきり見えるではありませんか。
そして先生の笑顔もくっきりと。
「見える?見える!」
と小躍りしたものの、何だか目がごろごろしていて、涙もでるし、不快な感じで、おめでとう、と喜ぶほどではありませんでした。

手術そのものは最高の設備と先生とスタッフで、安心して受けられましたが、たった10分の手術であっても、何だか全身が疲労してしまいました。(年のせいでしょうか?) ほうほうの体で帰宅、ソファにどっかりすわって、目を閉じて、その日はそのまま動けませんでした。
明くる日になって少しはよくなりましたが、なんと近くがまったく見えず、自分の手帳が読めず、スケジュールがわからずに、愕然。そういえば家には拡大鏡や老眼鏡のたぐいはいっさいおいてなく・・途方にくれました。

その日の検査は問題なし。ちょっと喜んで帰りにデパートによると見える見える、すごいすごい。買い物が楽しくなりそう・・でも同時に疲労感がひどくて、這うように自宅に戻り、寝てしまいました。
翌々日にはもう大学の秋学期の授業がはじまり、学生の顔はよく見えるものの、手元のテキストがみえず、これじゃ、近眼のメガネから開放されても老眼鏡のお世話になるのか・・とちょっと憂鬱になりました。

それに、メールをするとすごく疲れるし、文字を読むと肩が凝るし・・でも外を歩くと壮快で、研究室から見る山々の美しさ、木々の葉っぱの繊細さに感動・・そうだ、これからはもう勉強はやめて、旅行に行ったりスポーツをして、遠くの景色を楽しもう、と、残りの人生は遊びに徹することを決心しました(笑)

ところが、2週間を過ぎるころから、面白いことに、みえなかった手元がだんたん見えるようになってきたのです。
そして、1ヶ月後の検診では、左目で遠くがばっちり見えて、右目で中間から近くがかなり見えて、すっごくいい感じになってきました。
不思議ですね・・実際、こういう風に手術で作ったわけではないらしいのですが、自然と目が適応してきたようなのです。

ということで、手術後2か月たった今は、裸眼で何でも見えてしまう、という幸せな状況にあります。

大学のある多摩の田園風景は、それはそれは美しく、夕暮れに染まる山々、赤や黄色のグラデュエーションが彩る木々、くっきりと見える夜景、何と世の中は美しいのか、と感動の毎日です。

こうしてよく見える目を何十年ぶりにいただいた自分、この感謝を自分のものだけにするのではなく、もっともっと世の中に役立つ人間として仕事をさせていただこう、と思っています。

ということで、残りの人生、遊びに徹しようという“決意”は撤回し、(最近、撤回がはやっているようで?でもこういうのはいいですよね?)、もうひとはだもふたはだも脱いで、がんばろうかな、って思っている、えみりんです。

これからもどうぞどうぞよろしく、お願いいたしま~す!
# by EmilynM | 2007-11-21 10:42

夢のタヒチ・・ボラボラ島の旅

Iaorana!(こんにちわ)
ずっとご無沙汰してごめんなさい。
夏休みはいかがお過ごしでしたか?

えみりんは長年の夢であったタヒチへ、特に絶景と聞いていたボラボラ島に、ついに行ってきました。ボラボラ島はことばで表すことのできないほど圧巻で、その光景は一生忘れることができません。

成田から11時間、夜明けに仏領ポリネシアであるタヒチ島のファアア国際空港につき、そこから国内便に乗り換えて、1時間弱で、ボラボラ島です。ちょっと雲がかかっていましたが、真ん中に島があって、その周りにmotuと呼ばれる小さな島が点々としています。そのmotuに囲まれた環礁の中の海は穏やかですが、その外は南太平洋の大海原です。空港についてからはボートに乗って、ホテルまで行きます。

船の桟橋から歩いてインターコンチネンタル・ボラボラリゾート&タラソ・スパという新しいホテルのロビーに到着。
「あ・・・」
あまりの美しさに言葉も出ないほど・・しばし立ち尽くしてしまいました。

目の前にはオテマヌ山がそびえ、なにやら恐ろしいほどの迫力です、その前には、真っ白な浜辺、大きなみずみずしい椰子の木、透明なライトブルー・エメラルドグリーンの海、そこに水上コテージが点々と。

ホテルは無駄を一切省いて、茶と白とこげ茶とアイボリーの洗練されたモダンでちょっとアジアンフレイバーのあるインテリア。見事に風景に溶け込んでいます、

オテマヌ山はなにやらスピリチュアルで、私たちを見下ろしています・・ウェルカムというより、我々を吟味しているような・・
ああ太古の昔から、この山はこうして人間の営みを、生物の歴史を眺めていたのだなあ・・

どこまでも穏やかな透明なブルーの海が眼前に広がっているのですが、後ろを振り返り、ちょっと歩いてmotuの反対側にいけば、そこには南太平洋の時として荒れ狂う、波高き大海原、濃い青の海がどこまでも続いています。まるで、地球の胎動のような・・・水平線を見ていると、地球が自転しているのが感じられるような・・・。まさに地球のど真ん中、南太平洋の大自然の威厳を感じ、思わず姿勢をただしたくなります。まるで父性と母性に抱かれているような。

この衝撃的な景色の中、毎日、フランス料理を堪能し、さび付いたフランス語で現地の人と交流し、スノーケリングとアクアサファリで魚や人懐っこいエイと戯れ、タラソスパで体を休め、モーターボートで島めぐりをし、ジープで本島の陸地を疾走し、夕暮れには夕日のシルエットに見とれ、真っ暗な夜を照らす海辺の松明とコテージへ行く道の電燈のロマンチシズムにため息をもらし・・・まさに極上の南の島の休日を過ごすことができました。

生きているって何だろう、存在って何だろう、存在そのものが不思議であるとすれば、存在そのものがありがたい、そして出会いご縁をいただくすべての人がいとおしい、そして家族であれば、また愛する人であれば、それはなおさらのこと・・・。

こんなことを、衝撃的な美しさで、揺れ動いた心の奥深くで、いつにもまして、思惟しました・・。

またボラボラに戻りたい・・毎年、この美しさに浸りたい・・さらに足を伸ばして、イースター島に行って見たい、タヒチの他の島・・タハア島やモーレア島にも行ってみたい、また同じく仏領であるニューカレドニアにも・・
と夢が限りなく広がっていきます。

タヒチに住み着いてしまった、かの有名な画家ゴーギャンのような波乱万丈な生涯は御免被るとしても、都市文明から来た人々の心をぐっと掴んで離さない、激しい魔力を持つ南太平洋の島々に魅了された私たちでした・・・

Au revoir! (再見)

Mauruuru(タヒチ語でありがとう)



a0092766_171174.jpg

# by EmilynM | 2007-08-31 14:51

紫陽花に想う

紫陽花(あじさい)がこんなに綺麗だとは!
週末、久しぶりに鎌倉を散策。長谷寺や明月院で紫陽花の美しさに浸り、数時間、至福のときを過ごしました。

長谷寺の色とりどりの紫陽花も見ごたえがありましたが、その後に訪れた北鎌倉の明月院の「青」だけの紫陽花に、心を奪われてしまいました。

青・・と言っても、淡い青や薄いブルー、紫がかった濃い青、少しピンクがかったブルー・・山あいのうっそうと茂る木々と一体となって、あたり一面は「紫陽花」の苑。

ひとつひとつの花に、これまでの人生を重ねて、物言わぬあじさいながら、何かを語りかけてくれるような気がして、その凛としたたたずまいに、心が洗われる思いでした・・。

晩年、庭に沢山の花を植えて、毎日、草木や花と語り合うことを楽しみにとしていた父の姿を思いだしました。

今年ベストセラーになった『女性の品格』に花の名前を知っていることの大切さが説かれていました。
花を愛でることができる女性であること、そしてそれを誰かと分かち合うことができること・・・なんと幸せなことでしょう。

こうして年を重ねるのもいいものだな、としみじみ想いました。
そして、美しい国、日本に生まれ育ったことを誇りに思い、この美しさを継承し、また世界に発信していきたい、と感じました。

紫陽花は私の大好きな花になりました。
ありがとう。
# by EmilynM | 2007-07-02 11:44

寒いけど温かい国、ニュージーランド

あっという間に、5月の連休(高山、飛騨古川、白川郷、温泉!)も終わり、早、6月半ばとなりました。ご無沙汰して、すみません。

これまでもいろいろな国を旅しましたが、もうひとつ大好きな国を見つけました。
それはニュージーランドです。ニュージーランドと言えば、なんと言っても大自然の美しさ!そして、今回の旅で意外だったのは、イギリス、特にスコットランドの面影が色濃く残っているということです。北島のオークランドは大都市ですので様相を異にしますが、今回参加した会議が開かれた南島のダニーデン(Dunedin)は、スコットランドからの移住者によって築かれた町で、ビクトリア調の美しい建物が随所に残っています。

この町の見所は、ダニーデン駅(Dunedin Railway Station)。1904年から1906年にかけて建てられたそうですが、石造りの重厚な外観と内部のモザイクやステンドグラスが見事なハーモニーを生み出し、思わず見とれてしまうほどの美しさです。

もうひとつのお奨めはこれと同じような建築様式で建てられているオタゴ大学(Otago University)の建物のひとつです。学会での発表を無事終えたたそがれ時に川沿いに佇むこの建物の前を落ち葉を踏みしめて歩いていたら、何だかイギリスの大学のキャンパスにいるような錯覚を覚えました。そういえば、イギリスにはもう30年も行っていないのです・・。イギリスにはフランスの大学に留学していたころに数回行っただけですが、不思議に懐かしいという思いがこみ上げてきて、来年は絶対行きたいなあ、と心に誓いました。

建物の奥ゆかしさと共に感動したのが、人の心の温かさです。
公共機関があまりないので、街中の移動は徒歩とタクシーになりましたので、短期間の滞在に何回もタクシーに乗りました。なんと別のところから無線で呼んでくれたにもかかわらず、同じ運転手さんに3回もお世話になったのです。ラッセルという名の初老の運転手さんで、また会えた!ととても喜んでくれました。そして、もうひとり、ロッキーという名の運転手さんとも仲良しになりました。電車の出発まで小1時間あったので、観光タクシーのような感じで案内してもらいました。世界で一番勾配が急な坂道(World's Steepest Street: Baldwin Street)やSignal Hillと呼ばれる丘の上に案内してもらいました。そこからは、町の郊外からオタゴ半島、そして大海原の展望が見事でした。ダニーデン駅で降ろしてもらいましたが、荷物があったので、58ドルのところを60ドル渡そうかと思って100ドル紙幣を出したところ、
「今日は久しぶりに楽しい時間をすごせたから、50ドルでいい」と言って、50ドルもおつりをくれてしまいました。ひとなつっこい笑顔が今でも忘れられません。
このように、行く先々でニュージーランドの人たちは温かく迎えてくれました。

ただひとつびっくりしたことは、人は温かいのですが、部屋は寒いことです。アメリカの室温の高さに慣れてしまっているからでしょうか。欧米では外は寒くても室内は暖かいと思い込んでいましたが、ニュージーランドは、大学の教室はもちろんのこと、ホテルの室内も寒く、到着するとすぐにヒーターをつけて暖めなくてはなりませんでした。

ちょっと長くなりましたが、あともうひとつ、ご紹介したいことがあります。
それはこのダニーデンからクィーンズタウン(Queenstown)への電車とバスの旅です。12:30発のタイエリ渓谷鉄道(TGR: Taieri Gorge Railway)に乗って、2時間以上の旅ですが、ダニーデン郊外を抜けると牧場地帯が延々と続き、出会うは牛さんと羊さんばかり。羊は電車の近くでも平然と草を食べているので、ゆっくり走る電車からとてもよく見えました。とある羊さんが顔をあげて、じっと私を見ているではありませんか。なにやら話しかけたそうな顔つきです。
"May(めえ~) I speak to you?"

列車はさらに森林地帯を抜けて渓谷の断崖にかかる橋梁を通過するのが何ともスリリング!デッキにでて風を肌に感じて大自然を堪能する醍醐味を久々に味わいました。

この電車の終点はプケランギ駅。駅と言っても、小さな小屋がぽつんと立っているだけの場所ですが、そこで今度はバスに乗り換えます。点呼を取るでもなし、アナウンスがあるでもなし、皆、ぞろそろと来たバスに乗るとすぐにバスは出発しました。
ここはまさに in the middle of nowhere...もし何か用でも足していてこのバスに乗り遅れたら次の列車が到着するまで、一昼夜ここに取り残されることは間違いありません。
日本のように「お忘れのもののないように」やら、「ダイヤが乱れており、ただいま5分遅れで運転しております。誠に申し訳ありません」などのアナウンスは一切なし。この鉄道では到着時間もアバウトですから、謝る必要もないのです。乗客は皆、自己責任で行動、文句を言う人もいません。
壮大な自然の中にいれば、自分の存在はとても小さく感じられ、不満や文句など言う気にもなれないのかもしれませんね。

そこからバスに乗って、さらに2時間以上、夕闇せまる大平原をひたすら、町の光を求めて移動しました。この付近は大ヒットした映画「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地だそうです。そういえば、大平原に平面的な大きな岩が広がっている地形、ごつごつとした険しい山並み・・・思い出しました。あのシーンだったのですね。

日もとっぷり暮れたころ、やっと目指すクィーンズタウンにつきました。
翌朝、ゴンドラで標高790mのボブズヒル(Bob's Hill)に登ると、眼下には巨大なワカティプ湖と遠くにはセシルピークなどの壮大な山々。圧倒的な景観が、深く脳裏にそして、心に刻まれました。

今回の旅は学会発表もあり、駆け足ではありましたが、おかげさまで、心はとてもゆったりして、幸せに満ちていました。
大自然に抱かれて命の洗濯になりました。
ひとつ強く、思ったことがあります。
東京は夏でも、こちらは冬。日本では北が寒いけど、こちらでは南が寒い。
ものごとが場所によって人によって違う。考え方も違う。
だから、こうあるべきだ、こうでなくてはだめ、ということはないんだな。
でも「人の温かさ」「心の美しさ」これは変わらないのだな。
ということでした。

だから私も自分の信念はしっかり持ちつつも、それ以外のことはかなり幅を持たせて生きていきこう。そしたらもっとゆったり生きることができるだろう。
そして、ある人が言っていたように、Happiness is not a destination but a road.幸せは目的地でなく道程である、・・だから、毎日の今の瞬間の幸せをかみ締めていこう!

すばらしいニュージーランドの旅をありがとう!
皆さんも行かれるチャンスがありますように。そして沢山の素敵な出会いがありますように。
# by EmilynM | 2007-06-13 10:39

英語落語、初挑戦!笑凛亭(えみりんてい)えみりん誕生

ついにやりました!

昨日、なかの芸能小劇場で、「英語落語寄席 in 中野」 第4回公演に出演。はじめて高座に上がりました。
演目は「Wonderful Japan」。アメリカの片田舎からやって来たジェフ。いろんな人たちが話しかけてくるのですが・・。異文化体験に関する新作落語です。

英語落語との出会い、それは1年前にNHKラジオ「ものしり英語塾」で英語に堪能な著名人をインタビューするというシリーズをやっていて、たまたま、上方落語の桂かい枝師匠にお目にかかり、お話をする機会を得たことでした。

その日の収録は爆笑続き。私も負けじと面白いことを言おうとがんばったのですが、師匠に「先生、落語家だからって言って、張り合わんでいいですよ。」と軽くいなされてしまいました。

師匠は大変気さくなお人柄で、その後、お茶、及びおちゃけをご一緒したのですが、私もプライベートなことまですっかりしゃべってしまって・・すっかりお友達になってしまった(とこちらが思い込んでいるだけ?)のです。
そこで「英語落語、私にも教えてくださいよ」とお願いすると、時々、東京でも勉強会をしているので、是非どうぞ、ということでした。その数ヵ月後、携帯に電話があり、「もしもし先生ですか?今日、中野で英語落語の会があるのですが、見にきませんか?」という突然のお誘い。なんと1時間後に開演とか。え?はい、今すぐ行きます!ということで、中野に駆けつけたわけです。不思議不思議その日はその時間帯が数時間だけあいていたのですね。よほど、英語落語にご縁があったのでしょう。

それはそれはすばらしい公演だったので、すぐに練習会の日にちを教えていただき、数ヶ月に一回くらい顔を出させていただき、そのうちに、次の公演では高座に上るように、といわれ、はいはい、と安請け合いしてしまったわけです。

はじめは練習が楽しくて仕方なかったのですが、公演の一週間前にスランプに落ち込み、何回やってもとちるし、ちっとも面白くないし、もうやめたい!しんど!と思いました。それに本当に恥ずかしいんですよね。そしたら、一緒に練習していた英語落語の仲間が「えみりん先生、嬉しいなあ、これでやっと仲間になりましたね!」と抱き合わんばかりの喜びよう。そうなんです。皆、この辛さと恥ずかしさに耐えてきたのですね。そうとも知らずにのうてんきな私は毎回お客様気分ではしゃいでいたのですが、公演直前になって、落語の芸の深さ、難しさが身にしみてきて、芸人は辛いなあ、としみじみ思ったとき、やっと仲間の気持ちがわかったのでした。

もちろん、私たちは素人ですから、本物の芸人の方のご苦労など知る由もありませんが、それでもその入り口くらいには立てたかな、と思っています。
なんでも道を究めることは辛いものです。
でもちょっとだけでも進歩できたときは本当に嬉しいものです。

ひとつひとつのことば、しぐさ、間の取り方は入念に準備して本番に臨む、でもいざ舞台に立ったら、そんなことはいっさい忘れて、聴衆のみなさんと一体になって、大いに楽しむ!
そして皆さんがいっぱい笑ってくださっている様子を体いっぱいに受け止めて、さらに最後の落ちまで駆け抜ける。そして最後にすとーんと落ちて、爆笑の渦、拍手喝采となったときの開放感、達成感・・・何ともいえない至福の瞬間です!

そして帰りに皆さんがすっごく嬉しそうなお顔をされて、「元気をもらいました」「楽しかった」「面白かった」と言ってくださる・・その声と表情・・それこそ最高の贈り物です。

英語落語ですから英語でやったのですが、そんな言語の壁は越えて、国籍も超えて、そのまんま楽しんでいただけたなんて・・何とも素敵なことではありませんか!

今日は皆さんからいただいた花の数々でいっぱいになった我が家で、昨日の興奮を思い起こしながら、早くもこの次は何をやろうかな、と考えている「懲りないえみりん」でございます。

何とぞ末永くごひいきに、お願いもうしあげまーーーす!

笑凛亭(えみりんてい)えみりん

桂かい枝師匠のブログでもご紹介いただきました!
http://blog.eigotown.com/celeb/Kaishi_Katsura/2007/04/nhk_1.html

a0092766_21351919.jpg



a0092766_21355060.jpg



a0092766_2137363.jpg

# by EmilynM | 2007-04-23 18:08

病児保育:CSRで今、必要なこと

このごろ、年のせいか?あるいは(精神的に)若返ったせいか?涙もろくなっているえみりんですが、昨日、また素敵な話を聞いて、感動してしまいました。ということで、またこうしてブログを書いています。

それは「病児保育」を専門とするNPOを立ち上げた若者の話です。

「ママ、耳が痛いよ」「おなかが痛い」「眠れない・・」

夜中の2時ごろ、幼い息子が起きてきました。明日(といってもすでに今日)の会議の資料をやっと読み終えて、さてそろそろ寝ようかなと思っていた私。一番、恐れていることが起こりました。ひたいに手を当てると熱っぽく、体温計をもってきて測ると微熱がある・・。さてどうしよう。

15年前の私は同時通訳として、様々な国際会議で仕事をしていました。いったんコミットすれば、仕事の当日は絶対に休むことは許されません。当時、近所の保育園に息子達を通わせていましたが、病気になると預かってもらうことができません。そのことを見越して、お手伝いさんを確保していたのですが、その方もいつもあいているというわけでなく、時折、彼女の都合がつかないときに、子供が熱を出すということがありました。子供の病気は待ったなし。そのときの心細さ、切羽詰った気持ちは、今思い出しても、ぞっとします。まさか病気の幼子を家に一人残すことはできませんし、かと言って、自分が行かなければ、会議の進行がままならず、それまで何年も準備してきた方に申し訳なく、仕事をキャンセルすることもできない・・・。

ああ、こんなときに、この「病児保育」のサービスがあったらどんなに心強いでしょう。

駒崎弘樹さんという20代後半の若者が作ったNPOフローレンスは、保育領域の中で最も社会的が取り組みが遅れている領域、そしてビジネスになりにくい領域に、足を踏み入れたのです。
その仕組みは、毎月5000円から1万円程度を払えば、いつでもこのサービスを利用でき、近くに住むレスキュー隊と呼ばれるスタッフが駆けつけてくれて、行きつけの医者に子供をタクシーで連れて行き、帰りはそのスタッフの家で、マンツーマンで面倒を見てくれるというサービスです。何と優れた発想でしょう!

仕事と育児の両立で女性が悩むことの筆頭が、突発的な子供の病気だという調査結果があります。これは、息子二人を育てながら仕事をし続けてきた私の経験からも、そのとおり、だと思います。

いざというとき女性は当てにならない、などというぼやきを聞くことがありますが、その背景にあるのが、突発的な家族の病気や怪我です。それに対処し責任を果たしているのが主にお母さんたちなのです。

駒崎さんは言います。「本当に大変だったけど、あるとき、パートだった人が、このサービスを受けられたおかげで、休まなくなり、会社から信用され、大きな仕事を任せてもられるようになって、正社員になれた、と聞いて、それまでの苦労が吹っ飛びました。」

そうなんです。これですよ!

今、いろいろな企業でCSR(企業の社会的責任)に対する取り組みが行われています。
それはとてもすばらしいことだと思いますが、これから、本当の意味で企業が社会に貢献できることのひとつは、女性が安心して仕事ができる環境を整えること、そして、子供たちが安心して、働くお母さん、お父さんと一緒に暮らすことができる仕組みを考えることではないかと思います。

子供が熱を出した時に、同僚が会社を休むのは当たり前、と、職場が子育てを応援することが、本来、あるべき姿だと思いますが、現実的に、その人でなければわからない仕事もあり、穴を空けることができない仕事もあるでしょう。ですから、せめて、この「病児保育」に企業が取り入れ、また「病児保育」をしているNPOなどを応援することが、必要ではないでしょうか。

えみりんは思います。「我が社のCSRのあるべき姿は?」と夜遅くまで、会社で議論するより、早く家に帰って家族水入らずで食事をする方が、よっぽど、CSRの実践になっている、と。
子供が病気になったら、CSRの会議はすっぽかしても会社を休む。この方がよっぽどCSRの取り組みになっているのではありませんか?

本当のCSR、それは目の前の現実に対処すること。

そうであれば、まず、企業の社会的責任を果たす第一歩として、せめて、この「病児保育」を日本全国あまねく展開していただきたい!そのための手を差し伸べていただきたい!

若い駒崎さんの熱意あふれる話を聞いていて、仕事と育児の綱渡りをしていたころの自分を思い出し、涙がこぼれました。

でも、こんな温かいハートと行動力と知性のある若い起業家がいる日本、未来は明るいな、と思うと、涙は希望と感動の涙に変わりました。

そして、きっときっと心ある企業や行政の方々が応援してくださる日が来る、と信じています。

駒崎さん、ありがとう。
これからもみんなで一緒にがんばりましょう!
# by EmilynM | 2007-03-28 22:18

恩 師

今年は桜の開花も早くなりそうですね。いよいよ春本番、何だかウキウキしてきます。

えみりんはこの間、北海道の富良野にスキーに行って来ました。それはそれは素敵なところで、スキーもアフタースキーも満喫!そして帰りの飛行機で旭川空港から羽田まで、なんとずっと晴で雲がなかったので、日本列島をずっと1時間以上、眺めることができました。
北海道の雄大な日高山脈から、ずっーと伸びている襟裳岬、そして、東北の新幹線の長い帯、東京に近づくにつれあまりにも多いゴルフ場、日本をこれほどしっかり上から見たことはありませんでした。地政学的にこれからの仕事に役立つな、と感じ、政治家の方々もこうして日本を見ておられるのかな、と期待しております!

さて、私のブログ、頻度が少なくて申し訳ないのですが、ものすごく感動したときだけ、書くことにしています。日常的にはしょっちゅう感動したり、涙したりしているのですが、こうしてブログに書きたいと思えるほどのものが現れるまで、待っています。(っていうか、単なる怠慢?)

さて、皆さんにも恩師がおられるでしょう。私にも何人かいます。
その中でも、大恩人である恩師、島田晴雄先生がこのたび、慶應義塾大学を退官され、千葉商科大学の学長に就任されることになり、慶應での最終講義とホテルでの晩餐会が開かれました。

先生の最終講義にははじめから終わりまで、感激のしっぱなして、最後には本当に涙が溢れて困りました。先生はご自分のご足跡から、福沢諭吉のお話、そして、今、また今後の日本のことについて、熱く、全身全霊を込めて、一切を包み隠さず、若者(心が若い人も含めて!)に、語ってくださいました。最後は、全員が感動で立ち上がってスタンディングオベーションとなり、会場はかつてないほどの興奮の渦となり、拍手が鳴り止みませんでした。

その後開かれた晩餐会では、竹中(元)大臣などのご来賓のご挨拶、そして美味なお食事の後に、先生自ら、カンツォーネをはじめ、何曲も歌ってくださったんです。しかも、先生のバックには、ご自身が書かれた抽象画の数々が曲にあわせて映し出されて・・。
何でも見事にこなされてしまうスーパーマンの島田先生の歌は、歌声より、そのお姿に人を釘付けにするものがありました。
端的に言うと「勇気」「チャレンジ精神」「エンターテイメント精神」
そして最後には圧倒的な「温かさ」で私たちを包んでくださいました。
そして、「元気」を与えてくださいました。
その「元気・勇気」とは、「いいんだよ、もっともっとがんばって。もっともっと楽しんで」
「新しいことにどんどん挑戦していいんだよ、君はすばらしいよ、できるよ、絶対に!」
「人生を一緒に切り開いて、楽しんでいこうよ!」

小さくなったりちょっと遠慮しがちになってしまう(こう見えても私もそうなのですよ)私たちに、
ご自身が成長を続けることで全知、全身で教えてくださっています。

私が30代後半で慶應の大学院に入学し、経済学を教えていただき、その後、国際経営を学び、同時通訳から研究者へ転身することができたのも、ほかならぬ、島田先生のおかげです。
そしてその後のいろいろな思いがけない人生の展開の基礎を作っていただきました。

私自身は取るに足らない人間ですが、こうして偉大な恩師にめぐり合えたことが、私の宝です。

「もっと大きく」「もっと前に」「もっともっとオープンに」

カンツォーネを熱唱する先生のお姿が、私たちの心に新たな火をつけてくださいました。

まごしえみこ、これからもがんばります!
そして先生のように、前向きに、恥ずかしがらずに、そして周囲に配慮しながらも、いろいろなことに挑戦していきます!

先生、ありがとうございます!
いつまでも成長を続けてください。私も後からついてまいります!

恩師にえみりんより心からの感謝を込めて
# by EmilynM | 2007-03-08 15:47

小さな幸せ 大きな幸せ

1月もあっという間に過ぎて、明日からはもう2月。早いものですね。

この間、ある人と一緒に食事をしたときのことでした。
スペイン料理だったのですが、お店が地下にあったことと、ちょっと店内が狭くって、しかも隣の人と席が近かったので、はじめは、正直言って、あまり気乗りがしませんでした。銀座という場所柄、もっと素敵なレストランがあるんじゃないかな、もっと高級でゆったりしたところがあるはずなのに・・などと一瞬ですが、不満が心をよぎりました。

でも、ニコニコしているその人の顔を見て、その時、思ったのです。そうだ、こんなに嬉しそうにしているんだもの、きっといいお店に違いない、そう、きっとそうに違いない・・。そう思って、メニューを見ながら、いろいろ相談して、国際大会2位を勝ち取ったという魚介のパエリアや蟹のサラダなどを注文しました。飲み物はもちろんフルーティなサングリア。そうこうしているうちに、なんとなくリラックスしてきて、気持ちもお店に馴染んできました。そして運ばれてきたお料理のなんと美味しかったことか。久々に、本格的なスペイン料理を堪能することができました。

そして何よりも嬉しかったことは、その人の選んだレストランで、その人の気持ちに沿って、一緒に、美味しいね、美味しいね、と言って、たわいもない話をして、笑いながら、楽しい時間を共有したこと・・・。

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、自分を抑えて、相手の気持ちを尊重して得られた、ほんの「小さな幸せ」。でもそれは、我の強い私にとっては、とっても新鮮でした。

自分だけだったら、いつも自分の好きなようにできるけど、それじゃ、小さいな殻に閉じこもっていることになるかもしれないけど、相手がいることによって、ちょっとだけ自分を抑えることから、自分の殻をやぶって、もっともっと「大きな幸せ」を得ることができるんだなあ・・、としみじみ思いました。

ちょっとだけ、引いてみる、ちょっとだけ、でしゃばらずに相手を立ててみる・・・
こんなことが、意外に「幸せへの近道」なのかもしれませんね。

「小さな幸せ」が「大きな幸せ」を呼ぶ・・・そんなことがわかってとっても嬉しいえみりんでした。
この調子で、今年はやってみようかな?
# by EmilynM | 2007-01-31 23:16

あけましておめでとうございます

Happy New Year!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?
えみりんは親戚の新年会でわいわい騒いだり、珍しく?エプロン姿でお雑煮を作ったりして、キッチンにいることが多いお正月でした。愛する人たちのためにお料理するのもいいなあ、と実感。なかなか新鮮でしたよ!(ということはいつもはあまりしていない?)

数十年前、アメリカとフランスに留学してた時のことでした。クリスマスはすっごく盛り上がって、ロマンチックだしファミリーもいつになく優しく、友達も親切になるのですが、それが終わるとあとは大晦日のカウントダウンだけ・・一日は休みでも二日からはなんとなく仕事気分・・・何とも味気ない年始でした。
それに比べて日本はいいですよね。クリスマスは恋人と、そしてお正月は家族や親戚と。イブに教会で賛美歌を歌ったと思えば、お正月は神社でお神酒をいただく・・何ともフレキシブルではありませんか。日本の宗教の信徒数を合わせると実際の人口の2倍以上になるとか。ということは一人二つの宗教となるのでしょうか。これをいい加減だ、と批判するのか、「良い加減だ」と褒めるのか、人様々だと思いますが、ひょっとして21世紀には、こんな柔軟性が求められているのではないでしょうか。

今年も、いろいろな考え、価値観の方たちと出会い、様々な文化に触れて、元気に過ごしたいと思っています。
いろいろな意味で今年はターニングポイントになりそうな予感がします。
ますますのご支援をよろしくお願いいたします!

皆様もどうぞお元気で良い一年を!
# by EmilynM | 2007-01-15 11:28

Year End Message from Emilyn

年の瀬に思うことー負けるが勝ち

すっかりご無沙汰してしまいました。
11月も講演や学会などで忙しく過ごしていました。
12月は勤務先の桜美林大学での講義、そして立教大学大学院、早稲田大学大学院での授業に加えて、筑波大学大学院のMBAコースでの集中授業がありました。
10人強という少人数ながら、アメリカ、インド、中国、ペルー、トルコなどからの社会人留学生と外資系や日本企業に勤める日本人学生という、極めて個性的な学生ばかりを相手に英語で授業をしました。はじまる前はちょっと気が重いのですが、クラスでは議論が白熱し、エキサイティングな展開であっという間に終わり、アドレナリンが駆け巡って高揚したおかげで、元気になって夜道を英語で鼻歌を謳って帰宅、となりました。
それにしても、彼らはよく話します。思ったことをすべてその場で間髪を入れず。その良し悪しは別として、これがグローバル社会、グローバル競争であれば、一般的な日本人は残念ながら「負ける」ことは明らかです。

話は変わって、12月24日のクリスマスイブの日に、日本ASEANジュニアサミットが行われ、ASEAN10カ国と日本の高校生たちの歌や踊りを堪能し、パネルディスカッションでファシリテーターを務めました。「歴史の先生になって、戦争のない世の中にしたい」「医者になって社会貢献したい」「総理大臣になって環境問題と取り組みたい」など、若い彼らは真剣に語りました。
彼らのきらきら光る目、くったくのない笑い、真摯な姿勢に接して、心が動かされました。
そして10年後のアジアは、お互いに尊重し連帯して良きモデルを世界に提示したい、と誓い合いました。彼らは、控えめで感受性が強く、日本の良いところを沢山、指摘してくれました。年長者に敬意を表する、約束を守る、環境に配慮する、親切である、技術が進んでいる、町がきれいだ、などなど。彼らの日本に対する憧れの念に触れ、日本人ももっと自信をもっていいのでは、と思いました。

この二つの経験から、私はこのように思うのです。
「アグレッシブに自己主張する必要はない・むしろアジアの感性を大事にするべき・ただし、積極的にコミュニケーションを図り、こちらの意思を伝え、より大きな器で相手を包み込む」 
負けるが勝ち・・と言えるのかもしれません。

競争ではなく、「共生と和合」というアジアの心意気を、根気よく伝える努力を続けること、
それが遠回りであっても、かならずや世界の平和に通じるのではないでしょうか?

年の瀬に、今年いただいた数々のご縁といろいろな方の温かい気持ちに、心が満たされます。
来るべき年も、多くの方々と手を携えて、一日一日を大切に過ごしていきたい、と思います。

合掌
# by EmilynM | 2006-12-29 19:34
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
関連サイト
こちらのサイトもご覧下さい。
馬越恵美子オフィシャルサイト
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧